能登島水族館

お盆休みも最終日になり、ゆっくりするつもりが突如能登へドライブすることになった。

体を少し動かさないと!という理由であったがかなりの重労働である。

f:id:toyama-na-life:20190818103801j:image

久しぶりに見るジンベイザメの水槽は迫力があった。

f:id:toyama-na-life:20190818103910j:image

いわしの群泳も迫力があった。

f:id:toyama-na-life:20190818105455j:image

久しぶりに来たが新たな発見のある水族館である。

 

気多大社

台風10号の影響で天気が悪くなるかと思えば、さして悪くもならず。昼過ぎからドライブに出かけた。パワースポットへというリクエストだったので能登気多大社に行ってみた。

f:id:toyama-na-life:20190816160847j:image

数年ぶりに来た気多大社は、落ち着いた面持ちで気持ちの良い場所であった。

f:id:toyama-na-life:20190816161055j:image

折口父子の歌碑

f:id:toyama-na-life:20190816161817j:image

 

 

 

美術館巡りパート2

8月14日

今日は金沢21世紀美術館で行われている「チームラボ 無限の波と花」を鑑賞した。

f:id:toyama-na-life:20190814111320j:image

10時会場のところ9時に来場したが、もう人がいっぱい並んでいた。前にいた親子は首にかける扇風機とハンディ扇風機を持って並んでいた。よく観ると並んでいる多くの人がハンディ扇風機を持っていた。

会場は10時の予定だったが9時半に早められた。場内は撮影可能で不思議な世界が展開されていた。

f:id:toyama-na-life:20190815155222j:image

 

 

美術館巡り

3連休の中日、家族で美術館巡りを行った。

まず最初に行ったのは、富山県水墨美術館である。

f:id:toyama-na-life:20190811111726j:image

開館20周年記念「夏の美術館へようこそ   『幽霊と地獄』」が開催されていた。

f:id:toyama-na-life:20190811100504j:image

幽霊画であるが、美術作品として素晴らしいものが多く見入ってしまうことが多かった。

 

次に行ったのが、高志の国文学館

f:id:toyama-na-life:20190811111654j:image

谷川俊太郎の宇宙」を鑑賞

f:id:toyama-na-life:20190811111922j:image

生きるの詩が色々なバリエーションで語られているのに共感を覚えた。観に来てよかった。

 

昼食後、県東部に足を伸ばし黒部市美術館へ。

f:id:toyama-na-life:20190811135905j:image

ここでは「葉 祥明展   今、僕はここにいる」を鑑賞してきた。

f:id:toyama-na-life:20190811140200j:image

黒部の展示はスペース的には小さいが内容の濃いものが多い。

 

 

庄川研究

川について考える。

 

課題として考えられること

・川のでき方(歴史)

・水の利用

 

砺波平野を形成した二つの大きな川である小矢部川庄川。この2つの川について歴史や特徴を調べてみようと思った。

まずは庄川について詳しく調べてみようと思う。

 

概要

庄川は、岐阜県高山市南西部の

山中峠(1,375m)の湿原を水源としている。

幹川流路延長115km、流域面積1,189km²